WordCamp

進行状況とスポンサーについて

募集開始が遅れてみなさまにはご心配をおかけし申し訳ございません。現在の進行状況をお伝えしたいと思います。

実行委員の間では、本編と懇親会については、ほぼ内容が決まっています。
ただいま講師のみなさんには個別にご連絡をさしあげています。
また当日のスタッフと役割分担の計画を立て始めています。

懇親会会場も決まりました。

それから、当初の予定にはなかったことですが、前日夜に「Word ‘Real’ Camp」と銘打って、夜通しライブコーディングをしようという案もあり、会場を探しています(これについては、また改めてレポートします)

それぞれの内容は公式サイト上にページの用意ができ次第公開しますが、現在その作業が遅れておりまして、ご心配をおかけしてすみません。
なにぶん、WordCamp名古屋は地元在住のユーザー有志のボランティアによる運営でありますので、担当スタッフの仕事が立て込んだ場合は作業が遅れることもありますし、そこんとこひとつ、ご理解いただけるとありがたいと思います。

ボランティアに関連してひとつお伝えします。
今回は、オープンソースコミュニティ活性化を目的としたボランティア運営によるイベントということで、名古屋市立大学の教室を無償でお借りできることになりました。また講師のみなさんにも、趣旨を理解のうえ、ボランティアで来ていただくことになっております。

このようなみなさまのご協力のもとに、WordCamp名古屋の本編は、参加費無料で開催することができるようになりました。一応、参加登録フォームは用意していますが、それは来場数の把握のためで、当日飛び入りでも参加できます。

ただし、懇親会のほうは、当然ながら予約と参加費が必要です。
こちらについては、WordBench名古屋というユーザー会が主催しまして、みなさんから参加費をいただくと共に、カンパをいただける企業・個人スポンサー様も募っていく予定で作業を進めています。

懇親会へのスポンサー協賛というのは、あまり例のないことかもしれませんが、ユーザー交流を深める大切な場ですので、そこのところご理解いただける企業様がありましたら、ぜひご協力をお願いします。
1口1万円からの募集となります。 連絡先 → wcNagoya@gmail.com